緑茶をこよなく愛する小説家

小説書いて一億稼ぐのが目標

将来の目標

将来、俺がリストラされても生きるためには自宅兼個人学習塾にして生徒10人を集めて指導。月謝は10000円。週2回ほど。これなら、人が全く集まらなくても赤字にはなりにくい。自宅兼将棋道場を開く。これはおまけ。大人500円 子供塾生は無料 他は300円 習い事感覚で通わせる子供がでたら儲けもの。これは稼ぎには入らない。 あとはアルバイト。コンビニの店員でも清掃やもなんでもやる。昼間に働いて月に7万程か。それに塾収入。10万 これは行くかどうかわからない。 やっぱ、そこから鏡野に帰って田んぼして米と年100万近い収穫を確保する必要がある。将棋道場は儲けにはならない。 儲かる儲からないは別として何か形として残す作業をしていく。自宅を小さな塾と小さな将棋道場。小さな塾も徐々に大きくしていく。公文式稼働率を真似る。将棋道場に関しては小中高に普及して競技人口を増やす。利益というより、塾を通う上で付加価値として将棋が学べる事を押して小学生、中学生の入塾希望者を増やす。 飲食は儲からないし割りに合わない。将来的にはおじさんが経営しているカラオケ店の雇われで店長したい。お母さんに店長を打診したが断っている。俺ならいけるかも。長い目で見て、小さな塾から中堅の塾にして将棋道場で微微たる金儲けと品位を塾のイメージをよくする道具として使う。カラオケ店の雇われ店長。農業は親父と母さんがしている時に手伝う程度か。高齢者に利用される様な施設か何か別の仕事ができたらと思う。塾で年収200万 将棋道場 赤字 カラオケ店 150万 米 10万ほどもらいたい。 高齢者の利用施設。? あと、落ちこぼれと不登校を中心としたフリースクールも開講して高認を受けさせる。 良く考えたらフリースクールと小さな塾と将棋道場と、あと物販で何かを仕入れて何かを売る様なこともしたい。鏡野に帰るついでに過疎で高齢者しかいない所まで行って物を売る。これもソコソコ儲かる気がする。会員制にして格安で。コープに勝つ。個人事業主だけど1人で一大グループ作る。将棋道場もアマチュア強豪やプロ棋士も呼んで津山にタイトル戦を誘致できるほどにしようとおもう。広島の将棋センターのように。あとは鏡野町議会議員に立候補。当選してもしなくても良い経験。これで地盤固めて、過疎地域の人に物販できる。一石二鳥。名前が重要になるから名前はしっかり考える。候補 学習塾 高認補習塾 商店 カラオケと高齢者物販 津山将棋会館 肩書き 町議会議員 失敗しても借金は残りにくい。ってかほぼノーリスク。リストラされた時点で失うものはない。家族を養うために色々試行錯誤できて、いいと思う。嫁にはパートさせたりして苦労かける可能性もあるがリストラは仕方ない。このご時世。しかし、俺は何なりと金を稼ごうとする。金を稼ぐのと地域に還元していくことで、地元の名士になれるし怨まれにくい起業の仕方だと思う。 塾は人材の育成 カラオケは勤労者の娯楽 将棋は津山にタイトル戦誘致で知名度向上 高齢者に物販 高齢者の生活の支え 町議会議員 人の暮らしを考えて行動する 地元の有力者と話し合いができる